たとえば、秋刀魚に添える青いすだちの酸味が、 温かい椀に浮かぶ黄ゆずの芳香に変われば、季節 は秋から冬へ。目で鼻で舌で、日本人は季節の移 ろいを敏感に感じとってきました。

和食には「走り、旬、名残」ということばがあ り、ひとつの食材の中にも季節を見ています。有 名なのは江戸の初鰹。五穀豊穣の恵みの梅雨と夏 を連れてくるめでたい魚として、また初物は縁起 がいいとして、気の早い江戸っ子などは「走り」 の鰹を、先を争って買い求めたといいます。北へ と向かう黒潮にのってその後たくさん獲れ出すと、 鰹は「旬」を迎えます。秋になり南へ下ってくる のは戻り鰹。その味は、過ぎゆく季節を惜しむ「名 残」のおいしさです。

和食には、あえる、焼く、蒸す、炊くなどの多 くの調理法があります。多様な食材を、だしと和 の調味料と調理法とで、いろいろな料理にして楽 しめるのも和食の醍醐味でしょう。四季折々の自然の食材を活かしたシンプルな料理は、健康的な食事として海外からも注目されています。

「草木萌動(そうもくめばえいずる)」眠っていた生物が起きだす季節。雪の下に芽吹くふきのとうも、冬ごもりの蒸も顔を出し始めます。桜前線とともに季節は進み、早苗を植える皐月。「蛙始鳴(かわずはじめなく)」八十八夜の新茶を飲めば無害息災。

若竹煮  ・あさりの白あえ ・千草焼 ・蛍いかと麩の含め煮 ・鯛の木の芽焼き ・さより山菜の黄身酢かけ

・白瓜のさっぱりあえ ・トマトのあげびたし ・和牛焼き わさびのせ ・夏の精進揚げ ・とり肉の梅みそ焼き ・たこめし ・新茶ごはん

・いちじくの胡麻クリームかけ ・なすの田楽 ・かますの幽庵焼き 

TOP