こよみ

暑気払い(しょきばらい)

・とうがんのかにあんかけ・きゅうりと長いもの梅肉あえ

夏至がくれば、いよいよ本格的な夏の幕開け。 体の熱を冷ます食材で暑さを打ち払い、元気に過ごしたいですね。

氷の朔日とかき氷

古代から日本で氷は大変貴重で、天皇や貴族への献上品だった。旧暦 6月1日には無病息災を願い、水をかじる宮中行事「氷の朔日」が行われた。平安期の宮廷を描いた『枕草子』には、「削り氷にあまづら入れて新しき金まりに入れたる」(削った氷に甘葛を煎じて作った自然の甘味料をかけ、新しい金属製のお椀に入れたもの)、つまりかき氷が登場している。

 半夏生(はんげんしょう)

夏至から数えて11日目、田植えを終える節目の日でもあった。食と結びつ いた風習が各地に残っていて、兵庫県明石では田植え作業が終了し、植えた稲がタコの足のように 根付くことを願いタコを食べた。福井県大野では、 その昔領主が田植えを終 えた領民の疲れを労いふ るまった由来があり、焼きさばを食べる風習がある。

甘酒は夏の季語

冬のイメージがある甘 酒は、実は夏の季語。江 戸時代には井戸水で冷や した甘酒を、天秤棒をかついだ甘酒売りが市中を売り歩いた。庶民に愛される夏バテ予防の栄養ド リンクだったという。 

TUBAKI

TUBAKI

和食は、自然の美しさや季節の移ろいを表現します。 「食ってなに」を本多醸造所を通して四季折々さぐってみたいとおもいます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

最近の記事
RECIPE
  1. 米は品種によって味が違いますか?

  2. 嫌われるのにはわけがある ニンジンやピーマン、シイタケなどを嫌いな子どもが多いのは、 どうしてなのでしょう?

  3. ナスと油のいい関係 ナスはどうして油と相性がいいのでしょう ?

  1. とり肉の梅みそ焼き

  2. たこめし

  3. 新茶ごはん

TOP