FOOD

おいしいご飯

はじめに

家庭料理のよさは、シンプルに調理して食べられることです。しかしこの頃は、だしをとらないとおいしくないとか、手をかけないとおいしくならない、と思われてしまって、料理する自由さがなくなってしまったように思います。たくさんの情報を求めすぎて、自分の足元が見えなくなってしまっていませんか。家庭料理は、料理屋の料理とは目的の方向が違うのですから、こうでなきゃいけないという決まりはなく、自由でいいんです。食べやすいように切って、好きに調味して食べていい。じゃがいもをゆでて、そこに塩、こしょうだけで、おいしくないですか?料理屋ではそれはできないから、ゆでたじゃがいもに高級食材を使ったり、油やスパイスを使ったりして料理をするのです。高級食材はたしかにおいしいですが、大根の皮だっておいしいです。大事なことは、その素材をいかす知識や知恵をもっていること。料理は、レシピの細かい部分をなぞらなくても、勘どころ」となるコツを知っておくと、自由に料理が作れるようになります。

料理は自由で楽しいもの

「新米の時期は、米の とぎ汁を捨てずにそのまま炊く」というものがありました。この話を聞いて、疑問に思っ た方もいるはずです。けれど、米のとぎ汁を捨てなきゃいけないって、誰がきめたんでし ょう。むしろ、新米だから捨てちゃもったいない。たとえば、そのとぎ汁を土鍋に入れて火にかけ、しゃぶしゃぶを作ってみてください。 まろやかになっておいしいんです。この汁で菜っ葉をゆでたりしてもいいし、これでけん ちん汁を作れば、とろみがついておかゆのようになります。また「みそ汁を煮立てるとまずくなる」ともよくいいますが、みそ煮込みうどん、もつ 煮込みなどの料理はみそを煮込んだうまさがあります。たしかに、みそを入れてから煮立 ててしまうとせっかくのみその風味がとんでしまったり、舌触りも悪くなったりしますかも、その理由がわからないでもないのですが、ただ、僕は個人的に大根やかぶのみそ 汁のグラグラ煮立てた感じも好きです。お菓子やパンは分量や温度を守らないとその通り にできませんが、料理はこれくらい自由なものでいいのです。 「料理はむずかしい」「面倒なもの」と思ってなかなか台所に立てなかったり、本に書い てあるレシピにがんじがらめになってしまったりしては残念だなって思います。作ることの楽しさ、食べることの大切さに気づいてほしいな、と思います。あと、素材には旬のおいしい時期と、そうでない時期があります。この変化があること が、じつは大事なんです。毎日単純な生活だったら、飽きますよね。「今日は新米を食べ るから、こうやって食べてみようか」と考える。そういうことを楽しめるといいなと思い ます。そういうことが生き方にも通じ、知恵にもなっていくんだと思います。

1

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
TUBAKI

TUBAKI

和食は、自然の美しさや季節の移ろいを表現します。 「食ってなに」を本多醸造所を通して四季折々さぐってみたいとおもいます。

関連記事

最近の記事
RECIPE
  1. 米は品種によって味が違いますか?

  2. 嫌われるのにはわけがある ニンジンやピーマン、シイタケなどを嫌いな子どもが多いのは、 どうしてなのでしょう?

  3. ナスと油のいい関係 ナスはどうして油と相性がいいのでしょう ?

  1. とり肉の梅みそ焼き

  2. たこめし

  3. 新茶ごはん

TOP