COFFEE

結局のところ、コーヒーやお茶は「1日何杯」まで飲んでいいのでしょうか。体型やカフェインを代謝する能力には個人差があるので、非常に難しい問題ですが、「1日2杯程度のコーヒーを14時までに飲む」というのはカフェインとの健康的な付き合い方と言えます。カフェイン、そしてカフェイン含有飲料にはメリットとデメリットがあります。それらを理解した上で上手に付き合えば、仕事や運動のパフォーマンスを

オーストラリアの長距離ドライバーを対象にした研究では、カフェイン摂取により事故リスクが 63%低下していました。カフェインは、運転中の眠気を減らし、集中力を高めて、事故リスクを減らします。運転中に眠気が出たとき、緊急回避的にカフェインで眠気を払うのは、ありだと思います。一方で、徹夜仕事になりそうなとき、深夜にエナジードリンクを何本も飲む人がいますが、これ は全くお勧めできません。カフェイ

時折、「私はカフェインに強いので、夜にコーヒーを飲んでも大丈夫」という人を見かけますが、こういう人も要注意です。以前、「自称・カフェインに強い人」を対象に、寝る直前にコーヒーを飲んでもらったところ、入眠までの時間が普段よりも1時間延長しました。しかも、睡眠時間の延長を自覚できた人は 一人もいませんでした。つまり、「自称・カフェインに強い人」も実は睡眠障害を引き起こし、さらにその事実に気づ

カフェインには、眠気を払い、集中力を高めてくれる効果もあります。一方で、飲み方を間違えると、「睡眠障害」につながるリスクもあります。ではコーヒーやお茶は何時までなら飲んでいいのでしょうか? 最近の研究では、「寝る前6時間以内のカフェイン摂取」は、睡眠に悪影響を与えことがわかっています。カフェインの半減期は4~6時間ほど。つまり、 コーヒーを飲んで5時間経っても、その半分のカフェイ

深夜のカフェイン摂取「脳にムチ打つ」のと同じコーヒーやお茶、最近だとエナジードリンクなど、普段からカフェインが含まれるドリンクを飲む方は多いでしょう。カフェインのメリットとしては、(1) 覚醒効果 (眠気防止効果)、(2) 脂肪燃焼効果、(3) 鎮痛効果、(4) 食欲増進効果(胃酸分泌促進) などがあります。コーヒーやお茶のすごいメリットさらにコーヒーやお茶には、

結論からいうと、「高価なコーヒー豆が美味しい」とは限らないが「生豆の品質が高い」可能性はある。例えば、スーパー・カルディ・楽天でなど買える「100g 300円」の豆と「100g 500円以上」の豆を比較した場合、後者の方が品質が高いことが多い。※一部のお店を除く値段の違いの理由として、まず「生豆の仕入れ値の違い」がある。仕入れ値が安い豆は、甘み・酸味の質が低い。「カビ」「

特集記事

TOP